Facilities Service Management
Ivanti Neurons for Facilities

施設サービス管理

施設のワークフローとプロジェクトを自動化し、事業運営のニーズに対応します。

モダンで自動化された施設サービスを提供

今日の情勢において、施設には従来にも増してモダンなサービス管理へのアプローチが必要です。 ビジネスの継続性だけでなく、組織の次の作業段階も施設に依存しています。 Ivanti Neurons for Facilitiesにより、日々の作業指示、作業割り当て、保守作業、施設関連プロジェクトなどのワークフローを自動化することで、ビジネスのニーズに応えることができます。

現代的な自動化ファシリティサービスの提供

今日の情勢において、ファシリティには従来にも増して現代的なサービスマネジメントへのアプローチが必要です。 ビジネスの継続性だけでなく、組織の職場復帰イニシアチブもファシリティに依存しています。 Ivanti Neurons for Facilitiesにより、日々の作業指示、作業割り当て、保守作業、施設関連プロジェクトなどのワークフローを自動化することで、ビジネスのニーズに応えることができます。

neurons for facilities screenshot

最適化された施設サービスを提供する

作業と進捗状況の可視性を提供する

日々の作業指示、プロパティ状態、定期メンテナンス、スペースの使用状況などをより詳細に把握することができます。 傾向を把握し、ボトルネックを特定し、改善領域に的を絞ります。 従業員の要求に関する自動通知により、従業員の満足度および説明責任を維持します。

自己解決による生産性の向上

従業員は容易に要求を行い、オープン作業指示の状況を追跡できるようになります。 コンテキスト化された知識により、従業員は疑問に対する回答を迅速に得ることができ、従業員の満足度と生産性が向上されます。

ファシリティプロジェクトの結果を向上させる

すべての作業指示、コミュニケーション、レポートを管理する単一システムを入手しましょう。 CMDBにおける提案書、変更指示書、ファシリティ資産のOOTBリレーションシップを活用しましょう。

次の作業段階をサポートする

衛生スケジュール、広範囲な場所のオプション(建物、フロア、スペース、ルーム、キューブ、オフィス)、また、ロケーション、建物、フロア、スペース、ルーム、キューブ、役員へのアクセスのオープン/クローズ機能により、ハイブリッドワークプレイスをシームレスに管理します。

作業指示管理

エンドユーザーからのリクエストや予防保全、定期保守など、チームや作業員の割り当てまで、作業指示のライフサイクル全体を自動化します。 現場やフロアのエリアごとに従業員のリクエストを記録し、管理します。 また、作業の完了とともに時間、コスト、受領も記録します。 作業指示の量や状況に加え、現場と場所の状況について、役割ベースのダッシュボードでリアルタイムに可視化します。

Image

施設のナレッジベース

施設部門のメンバーの手を借りることなく、一般的な質問の回答や、ポリシーおよび手順へのアクセスを従業員に提供します。 冗長な問題解決を過去のものにし、迅速な業務遂行を常に可能にします。

Image

従業員の自己解決

デスクトップまたはモバイルを経由して、従業員にオンデマンドサービスを提供し、ほとんどのリクエストを自分で解決できるようにします。 ポータル分析から貴重な従業員の意見を集約し、ファシリティサービスを改善します。 アンケート調査の結果から注目の話題やプログラムの重要性まで、依頼によるフィードバックと依頼によらないフィードバックの両方から深いインサイトを得られます。

Image

施設資産管理

要求から調達、廃棄まで、資産のライフサイクル全般にわたって施設資産を管理します。

Image

関連製品

Ivanti Neurons for Facilitiesを使うと、貴社の従業員やチーム、そして貴社がどこでも業務を拡大できるようになります。

Ivanti Neurons for PPM

リアルタイムでのプロジェクトポートフォリオ管理により、期限内で予算内の提供が可能になります。

Ivanti Neurons for HR

合理的で自動化された人事サービスマネジメントのソリューションを提供し、より効率的で生産性の高い従業員エクスペリエンスを実現します。 

Ivanti Neurons for GRC

GRCへの最新アプローチにより、リスクとサイバーセキュリティ支出を管理します。

Ivanti Neurons for Facilitiesを始めましょう

ファシリティサービス管理でオペレーションを変革しましょう。